プラセンタ点滴は具体的にどんなものなのか

血液クレンジングで細胞から美しく

血液クレンジングと高濃度ビタミンC注射で若返り!

使用する薬剤によって詳細は異なりますが、馬や牛、人間の胎盤から抽出した成分がプラセンタです。
取り入れると、傷の治療促進や自己治癒力増大への大きな期待があります。

一般的に「人間から抽出された物しか使用しない」と宣言している医療機関が多いです。
プラセンタ点滴は一般的な点滴と全く変わりませんが、体内に取り入れる事で
細胞分裂因子を取り入れることになり、結果体内の細胞を活性化させる働きが期待できます。

プラセンタ点滴を使用する場合、慢性肝疾患や更年期障害の治療であれば
保険適用の範囲内ですが、しわや肌質改善などの場合、美容目的となるため保険適用外です。

保険適用が効かない

自費治療であることを理解して治療を受けることが望ましいです。
医療機関側でも美容皮膚科や美容整形外科などでしわやアンチエイジングの治療のための
点滴を受け付けている為、治療を受けるにあたり、どんな目的で点滴をしたいのか
医師及び医療スタッフへ明確に伝えてください。

なお、「しわやシミが薄くなる」などの効果を実感する人だけではなく、
「免疫力を高め病気に対する抵抗力を高める」効果を実感する人も多いです。

更に「アレルギー症状を抑える」効果も期待できるため、美容目的であれ健康目的であれ、
利用する場合は医師に明確に伝えることが必要です。

プラセンタ点滴はどれくらいの頻度で受けるべきか

プラセンタ点滴はプラセンタ自体を点滴液として体内に取り入れるため、
血管にダイレクトに注入することができます。

そのため、サプリメントよりもはるかにスピーディーに効果を実感することが可能です。
しかし、持続性に関しては疑問視されています。通常1回で4日から5日ですが、
体内に成分が残っている為、1週間前後は効果が実感できるといえるでしょう。

プラセンタがいつでも体内にある状態を維持したいなら、週に1度は必ず医療機関を受診し、
治療を行う事で細胞分裂因子がいつでも体内にあり、体内での細胞分裂を活性化させることが可能です。

点滴で元気に

とはいえ、毎週プラセンタ点滴を受けるためだけに医療機関に通うのは、
点滴を始めてから1か月程度だといいます。ある一定期間点滴を打ち続けていると、
体内でプラセンタが増えて2週間に1度程度で問題なくなってくる可能性が高いです。

効果をより一層持続させたいなら、長期間打ち続けることが重要とされています。
なお、プラセンタ点滴の料金は1回ごとに千円から3千円が主流です。

また、症例数が多い医療機関を受診することで、効果を実感する可能性が高いといわれている為、
信頼できる医療機関かどうか確認してから医療機関を受診してください。